地球環境クラブ

 地球温暖化による気象パターンの変化。まず、地球は、私たちに気象パターンの変化で警告してきました。 台風、ハリケーン、地震、津波、世界は様々な地球の自然災害に次々と襲われ、地球温暖化を引きがねに地球は荒れています。今後、私たちは地球の環境を守り、激しくなる自然災害、増えていく地球環境問題を乗り越えることができるでしょうか。  もし、このまま地球の環境を保護できずに汚染と破壊を続ければ、地球の自己浄化能力が無くなり地球の環境が激変し、将来は確実に地球の生命は絶えてしまいます。  また、遺伝子操作による新生物の生成、万能細胞を駆使した再生医療など、生命の倫理を改めて考えなければいけない時期でもあります。  テクノロジーが目まぐるしく進歩していますが、目先の利益に目がくらみ、環境への配慮、社会的モラル、生命の倫理など、倫理的配慮を置き去りにしていた今日、私たちは世界全体の大きな地球環境問題に直面しています。

2011年11月11日金曜日

バイオ技術で原子炉廃棄物セシウムを回収

広島国際学院大の佐々木健教授(バイオ環境化学)らの研究グループが、光合成細菌を用いてヘドロに含まれる放射線を89.4%の除去に成功したそうです。

福島原発のセシウム除去問題の解決になるといいですね。
弱い放射線量でも毎日浴びていると体に大きく影響すると思います。
甲状腺癌だけでなく、奇形児の出産率もあがってしまうと思います。
放射能は目に見えずに、痛みを感じることも無く、自覚症状なく細胞に悪影響を及ぼすので、注意が必要です。
今回の研究は日本にとって大きな前進となりました。

Links to this post:

リンクを作成

<< Home