地球環境クラブ

 地球温暖化による気象パターンの変化。まず、地球は、私たちに気象パターンの変化で警告してきました。 台風、ハリケーン、地震、津波、世界は様々な地球の自然災害に次々と襲われ、地球温暖化を引きがねに地球は荒れています。今後、私たちは地球の環境を守り、激しくなる自然災害、増えていく地球環境問題を乗り越えることができるでしょうか。  もし、このまま地球の環境を保護できずに汚染と破壊を続ければ、地球の自己浄化能力が無くなり地球の環境が激変し、将来は確実に地球の生命は絶えてしまいます。  また、遺伝子操作による新生物の生成、万能細胞を駆使した再生医療など、生命の倫理を改めて考えなければいけない時期でもあります。  テクノロジーが目まぐるしく進歩していますが、目先の利益に目がくらみ、環境への配慮、社会的モラル、生命の倫理など、倫理的配慮を置き去りにしていた今日、私たちは世界全体の大きな地球環境問題に直面しています。

2011年11月23日水曜日

認知症の薬ピーナツの渋皮

最近は、脳血管障害(脳梗塞、脳出血)よりもアルツハイマーが原因で認知症になる場合が多いそうですが、古川昭栄・岐阜薬科大学教授(神経科学)らがマウスの実験で、ピーナツの渋皮に多く含まれている成分(ポリフェノール)でアルツハイマー病の症状を緩和する事に成功したそうです。

ポリフェノールといっても、”ピーナツの渋皮に含まれるポリフェノールのみ”ということです。
チョコレートなどに含まれているポリフェノールとは違うようなのです。
私はもう一年以上ピーナツを食べた記憶はありませんが、ピーナツを食べるときは、あの茶色い皮はむかずにそのまま食べたほうが良さそうです。

超高齢化の先進国にとって、今後も高齢者の認知症は大変大きな問題だと思うので、ピーナツの渋皮の成分をよく調べて実用化へ向けてもらいたいですね。
重度の認知症は人格崩壊まですすんでしまいます。
それに、自分が誰だか、両親、奥さんや子供、親友の事まで忘れてしまうのは、とても残念で悔しい事だと思います。

Links to this post:

リンクを作成

<< Home