地球環境クラブ

 地球温暖化による気象パターンの変化。まず、地球は、私たちに気象パターンの変化で警告してきました。 台風、ハリケーン、地震、津波、世界は様々な地球の自然災害に次々と襲われ、地球温暖化を引きがねに地球は荒れています。今後、私たちは地球の環境を守り、激しくなる自然災害、増えていく地球環境問題を乗り越えることができるでしょうか。  もし、このまま地球の環境を保護できずに汚染と破壊を続ければ、地球の自己浄化能力が無くなり地球の環境が激変し、将来は確実に地球の生命は絶えてしまいます。  また、遺伝子操作による新生物の生成、万能細胞を駆使した再生医療など、生命の倫理を改めて考えなければいけない時期でもあります。  テクノロジーが目まぐるしく進歩していますが、目先の利益に目がくらみ、環境への配慮、社会的モラル、生命の倫理など、倫理的配慮を置き去りにしていた今日、私たちは世界全体の大きな地球環境問題に直面しています。

2011年11月7日月曜日

新たな癌治療

アメリカのチームが、マウスに体の外から光を当てて、正常な細胞には傷をつけずに癌細胞だけを破壊できる治療方法を発明したそうです。数年以内の臨床応用を目指すそうです。

癌の治療には、化学療法(薬物)、放射線療法、外科療法などありますが、それぞれに短所(副作用)があります。
今回は、その短所(副作用)が無い癌の治療方法の発明ということで、癌治療が大きく前進するのだと思います。
光を当てるだけで、辛い副作用がなく癌の治療ができるなら、誰もがこの新しい治療方法を望むと思います。
光を発する装置は高価かもしれませんが、光を当てるだけなら治療自体も簡単です。

この新しい治療方法なら、乳房を大きく切除したり、体に大きな傷が残ったり、髪の毛が抜けたり、吐き気がきたり、ショック症状がでたりすることなく、癌が治せるのです。
入院する必要もなく外来通院で治療が受けられて、子供の心配もなく、仕事の心配もなく、社会的、家庭生活のなんの心配もいらず癌が治療できることは、大変すばらしい事だと思います。

今回発明された治療方法が一般化すれば、医療保険の癌に関係する保険料も大きく変わると思います。

Links to this post:

リンクを作成

<< Home